ドレイクと熱愛を噂されているジェニファー・ロペス (c)Imagecollect

写真拡大

歌手・女優のジェのファー・ロペスが、現地時間4日に意味深な言葉を投稿した。

ジェニファーは昨年8月に長年交際していたダンサーのキャスパー・スマートと破局。現地時間1日に友人の誕生日会に出席し、そのパーティーにキャスパーも招待されていたという。

そして、現地時間4日にジェニファーはインスタグラムに「タイミングがすべてよ。もし、起こるべきことなら、起こるわ。正しい理由のためにね」と書いてある画像を投稿し、この言葉が意味深であると各メディアが伝えている。

関係者はゴシップサイト「E!ニュース」にジェニファーとキャスパーは友人で、「よりは戻っていませんし、ロマンチックではないです」とコメント。ジェニファーは昨年12月からラッパーのドレイクと熱愛を噂されていて、関係者は2人はまだ一緒に時間を過ごしていると明かした。

ジェニファーはさらに現地時間5日に「良いことはずっと起き続ける」という画像を投稿している。