ライブロックテクノロジーズの小嶋修社長。前職の通信機器メーカー時代からIoT/M2M関連のプロジェクトに深く関わり、独立後は、「Coral Edge」を皮切りに、ネットワークカメラ向けソリューションを手がけるようになった(撮影:防犯システム取材班)

写真拡大 (全6枚)

 防犯&セキュリティ関連の最新トレンドから特に気になる話題に注目し、関係者にインタビューをする本企画。今回は、昨今、増え続けるネットワークカメラの設置・運用における課題である、ネットワークカメラの故障対応や死活監視の課題解決に役立つソリューション「Coral Edge BOX(コーラルエッジボックス)」を手がけるライブロックテクノロジーズの小嶋修社長に話を伺ってきた。

●「いざという時に撮れていない」を防げる!?

 そもそも「Coral Edge BOX(コーラルエッジボックス)」が、どんなソリューションなのかといえば、障害発生時の再起動&再接続を行うSSR機能、録画用のSSD、PoE給電機能、避雷器(SPD)、瞬停対策機能なども備えた監視カメラ用の制御BOXという位置づけ。

 ソリューションのベースにあるのは、同社の「Coral Edge(コーラルエッジ)」というネットワークカメラシステム用のインテリジェントゲートウェイで、その製品を展開していく中で得られたネットワークカメラの設置・運用面での課題解決を目的とした各種機能を詰め込み、業界初のPoE給電機能や、特許を取得した障害発生時の再起動&再接続を行うSSR機能を備えているのが「Coral Edge BOX」だと小嶋社長は語る。

 小嶋社長によれば、従来の監視カメラの運用方法といえば、映像はカメラ本体に挿したSDカードなどに録画する形を取り、一旦設置すると、事件や事故など何かあった時のみにしか、映像を確認しないということが多かったという。

 しかし、そうした運用の場合、何かなければカメラやSDカード、ルーターの故障&異常に気付くことができず、肝心の証拠映像が撮れていないケースも少なくなかったそうだ。そしてアナログ監視カメラから、デジタル監視カメラ、ネットワークカメラに切り替わりつつある昨今でも、課題として残り続けていると指摘する。

 それならば定期的に監視カメラや録画機器の設置場所に行き、異常がないかを確認すればいいじゃないか?と意見もあるかと思うが、運用者側としたら手間的にも、コスト的にも負担が大きい。

 そこで死活監視機能と障害発生時の機器の再起動&再接続を行うSSR機能が有効となる。「Coral Edge BOX」と繋いだネットワークカメラなら、遠隔地から死活監視ができ、さらに機器の再起動&再接続を自動で行うため、運用負担を軽減しながら、ネットワークカメラの安定運用が可能になるワケだ。

●設置場所に関する諸問題も解決できる!?

 今回、「Coral Edge BOX」に注目したのには他にも理由がある。これまでネットワークカメラを含めた監視カメラが抱えていた設置場所に関する諸問題を解決しうるポテンシャルを持つからだ。

 どんな問題かといえば、まず1つは、ネットワーク用の配線問題。モバイル回線を使った「Coral Edge」を搭載した「Coral Edge BOX」なら、ネットワークを確保するために配線する必要はない。電源さえ確保できれば、ネットワークはモバイル回線で対応できるので、固定回線が引けないようなエリアでも設置可能となる。

 続いてが、録画機器の設置場所問題とSDカードへの保存に対する不安という課題。

 まず録画機器の設置問題に関しては、録画モデルの「Coral Edge BOX」なら、SDカードやSSDを搭載することができるので、別途レコーダーの設置場所を用意する必要がなく、スマートな設置が行える。

 そしてSDカードへの保存に対する不安については、そもそもSDカードを監視カメラの録画メディアとして使う場合、監視カメラ専用のSDカードだったり、産業用の高耐久かつ安定性の高い製品を選ばないと、書き込みエラーによる録画停止などのトラブルが想定される。そうした不安は、SDカードより冗長性が高いSSDを用いることで解消できるワケだ。