写真提供:マイナビニュース

写真拡大

注文住宅・デザイン住宅を手がけるフリーダムアーキテクツデザインはこのほど、設計図面を3Dモデルで作成し、モデル内部をVRで自由に歩くことができる「VRアーキテクツシステム」を、一部のユーザーを対象に開始した。さらに、同じ平面図で作成した一般的な完成宅と設計事務所が手がけた完成宅の2つのモデルの、各空間の違いを体感できる新コンテンツも同時期に展開する。

注文住宅の家づくりを手がける会社は、ハウスメーカー、工務店、設計事務所など多様にあり、各社で特徴や手法が異なる。同じ平面図をもとに家づくりを行ったとしても、同じ完成宅に仕上がることはないという。平面図だけではその差を事前に把握することができず、理想の家を建てるためにどこに依頼するべきか、ユーザーが判断に悩むケースがあった。

そういった状況を受け、同社では設計図面を3Dモデルで作成し、モデル内部をVRで自由に歩くことができる「VRアーキテクツシステム」を用意。BIMソフトウェア「REVIT」、クラウドサービス「Autodesk LIVE」、3Dゲームエンジン「Autodesk Stingray」、さらにVRヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」を連携させたワークフローを確立し、設計段階の家を3Dで作成。その中をVRを使って自由に歩くことが可能となっている。

また、同社は今回、同システムを活用し、同じ平面図で作成した一般的な完成宅と、設計事務所が手がけた完成宅の2つのモデルの各空間の違いを体感できる新コンテンツを開始した。平面図ではわかりづらい室内の奥行感や天井高をVRで確認できることで、設計事務所ならではの空間デザインをよりリアルに体感可能とのこと。

まずは、同社の日本橋スタジオにて、一部のユーザーを対象に特設の体感スペースを設置。3月には渋谷スタジオでも体感スペースを設置する予定となっている。

(エボル)