写真提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天トラベルは2月6日、人気のビジネスホテルチェーンランキングを発表。ビジネスチェーンホテルを対象に利用者がつけた総合点数の平均点数が高い順にランキングした結果、1位はリッチモンドホテルズ、2位はベッセルホテルズ、3位はドーミーインとなった。

同ランキングは、ビジネスチェーンホテル(対象ホテルのうちビジネスホテルの割合が80%以上かつ10宿以上)を対象に、利用者がつけた総合点数の平均点数(対象ホテルの総評価点数÷総評価件数)をもとに算出。集計は2016年1月1日〜12月31日で行った。

1位にランクインしたリッチモンドホテルズは、工夫を凝らした客室アメニティや朝食を提供。アメニティはパジャマや女性専用のアメニティセットなどの全国共通のアイテムに加えて、各ホテルごとに地域性や宿泊客のニーズに合わせたオリジナルのアイテムを用意している。

例えば長崎県の「リッチモンドホテル長崎思案橋」では、オーガニック認定製油を使用したシャンプー・リンス・ボディーソープや、ホテルで退屈してしまう子ども向けのアメニティとして塗り絵・ワードパズル・色えんぴつなどをそろえている。朝食では地域の特色を活かしたメニューや食材にこだわり、「リッチモンドホテル福山駅前」では鯛めし・蛸めし・穴子めしを日替わりで提供する「瀬戸内炊き込みご飯」や、鞆の浦の練り物など郷土料理を味わうことができる。

2位となったベッセルホテルズは、宿泊者の利用シーンに合わせて3つのホテルブランド(「ベッセルホテル」「ベッセルイン」「ベッセルホテルカンパーナ」)を展開。「ベッセルホテル」ブランドでは、朝食無料、駐車場無料、18歳以下の子どもの添い寝無料のサービスがあり、特に女性向けのサービスとしては最大23時間の滞在可能なチェックイン・アウト時間、美顔機の用意、ウェルカムドリンクの提供などを提供している。

沖縄県の「ベッセルホテル石垣島」では、ウェルカムドリンクでさんぴん茶、トロピカルドリンクを提供。また、ビュッフェ形式の朝食で島豆腐やゴーヤ・パパイヤなどの日替わりのちゃんぷるなど、沖縄ならではの料理や飲み物を用意している。

3位にランクインしたドーミーインでは、地域ごとの特色ある朝食ビュッフェを用意しているほか、夜食として醤油ラーメン「夜鳴きそば」を夜間に無料で提供している。また、全てのホテルで大浴場を完備しており、ゆっくりと入浴することも可能。

特色の例として、富山県の「天然温泉 富山 剱の湯 御宿 野乃」では、半露天風呂もある大浴場で天然温泉に入ることができる。また、北海道の「ドーミーインPREMIUM札幌」の朝食では、海鮮コーナーにてイクラやエビなどの海鮮類を好きなだけ盛りつけて海鮮丼を楽しめる。