力強くツアー4勝目をつかんだ松山 次はメジャータイトルだ(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 最終日◇5日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>
アリゾナ州にあるTPCスコッツデールで行われた、「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」。首位と4打差の3位タイからスタートした松山英樹が1イーグル・3バーディ・ノーボギーの“66”でスコアを5つ伸ばし、トータル17アンダーでフィニッシュ。ウェブ・シンプソン(米国)と並んでプレーオフに突入し、4ホール目にバーディを奪ってツアー通算4勝目を挙げた。
チームメンバーとカップを手に笑顔を見せる松山英樹
プレーオフは3ホール目まで共にバーディを奪えないしびれる展開。それでも昨年も決着をつけた4ホール目の17番パー4でティショットを花道まで運ぶと、約50ヤードのアプローチをピン手前2メートルにつけた。シンプソンが先にパーとしたのに対し、松山はウィニングパットをねじ込んで力強く拳を振り下ろした。ツアー通算4勝目はこれまでの自身と丸山茂樹を上回る日本人史上最多優勝記録。大会連覇も日本人初の快挙で、同大会8人目の複数回優勝者となった。
この勝利によりフェデックスカップポイントもジャスティン・トーマス(米国)を抜いて1位に返り咲きを果たしている。
【FedExカップ】
1位:松山英樹(1,697pt)
2位:ジャスティン・トーマス(1,614pt)
3位:パット・ペレス(858pt)
【松山英樹のプレーオフ戦歴】
2017年:ウェイスト・マネージメント・フェニックスオープン 優勝 VSウェブ・シンプソン
2016年:ウェイスト・マネージメント・フェニックスオープン 優勝 VSリッキー・ファウラー
2014年:ダンロップ・フェニックス 優勝 VS岩田寛
2014年:ザ・メモリアル・トーナメント 優勝 VSケビン・ナ
2013年:フジサンケイクラシック 優勝 VS谷原秀人/S・J・パク
【PGAツアー日本人優勝者】
4勝:松山英樹(14年ザ・メモリアルトーナメント、16年フェニックスOP、HSBCチャンピオンズ、17年フェニックスOP)
3勝:丸山茂樹(01年グレーター・ミルウォーキー・オープン、02年ベライゾン・バイロンネルソン・クラシック、03年クライスラー・クラシック・オブ・グリーンズボロ)
1勝:青木功(83年ハワイアンオープン)、今田竜二(08年AT&Tクラシック)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【注目ギアコラム】松山と石川、2人に合うシャフトって何?