エスカレーター脇を果敢に登る男

写真拡大

大きな駅やショッピングモールなどでは、数基のエスカレーターが並んで設置されていることがあるが、中国ではこのたび、エスカレーターには乗らず、坂になっている脇のスペースを果敢に登ろうとしている男性が目撃された。ただ、実際に登ることは困難だったようで、何度もチャレンジしてはずるずると滑り落ちていたという。

男性が目撃されたのは先日、広西チワン族自治区南寧市の地下鉄駅の構内。監視カメラの映像には、黒い服装の男性がエスカレーター脇の“坂”を登ろうとする姿が映し出されていた。男性はエスカレーターの手すりに足を引っ掛けたりして、滑り落ちないように悪戦苦闘するもその都度失敗。少し登ってはずり落ちる、という挙動を繰り返していたという。

男性がいったい何を目的にこのような行為に出たのかは定かではないが、どうやら地下鉄職員に発見されて注意されても止めようとはしなかった様子。そのため、ネットでは男性が精神疾患を患っていたとか、薬を摂取していたとか、泥酔していたとか、さまざまな憶測が飛び交っているが、現時点では詳細は明らかにされていない。

ちなみに、この男性。自動改札も無断で通り抜けようとしたりもしていたが、最終的には警備員に駅から追い出されたそうだ。