監督はTVシリーズ用にアイデアを温存 (C)2015 Summit Entertainment, LLC.
All Rights Reserved. (C) David Lee

写真拡大

 キアヌ・リーブス主演のアクションスリラー「ジョン・ウィック」の前日譚をテレビシリーズで描く可能性が浮上した。

 元殺し屋のジョン・ウィック(リーブス)が亡き妻の形見だった愛犬を殺したロシアンマフィアたちに報復する姿を、バイオレンスでスタイリッシュなアクションで描いたヒット作。続編「ジョン・ウィック チャプター2(原題)」の全米公開を前に、チャド・スタエルスキ監督と脚本家のデレク・コルスタッドが米Slash Filmに対し、「映画の続編で前日譚を描こうとしたけど、他の使い道のためにアイデアをとっておくことにした」とテレビシリーズ化を示唆。製作を手がけるライオンズゲートも非常に興味を示しているといい、「テレビだとずっと詳しく描けるし、2時間の映画よりもすごいことができる」と意欲を語った。

 映画は3部作になる予定で、すでに最終章のプロジェクトがスタートしている。スタエルスキ監督は「現在の物語を完結させたいから、前日譚や、ウィックが過去に挑んだ不可能な任務のアイデアはすべて、テレビシリーズ用に温存しておくだろう」とプランを明かした。

 続編「ジョン・ウィック チャプター2(原題)」は7月7日公開。