VWは、2017年デトロイトモーターショーで新型「ティグアン」にロングボディの「オールスペース」をラインナップに加えましたが、今度は第3の派生のモデルとなる「ティグアン クーペ」を投入する可能性があることがわかりました。

1

エクステリアは、ホイールベースが若干延長されルーフエンドに傾斜を持たせた、優雅なデザインが特徴となりそうです。

パワートレインは1.4リットル、及び2リットル直列4気筒エンジンのほか、1.4リットル直列4気筒ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせた、プラグインハイブリッドもラインナップされる可能性が高いです。

マツダが2017年にも発売を予定しているコンパクトクロスオーバー・クーペSUV「CX-4」をライバルに設定し、2017年後半から2018年春頃のワールドプレミアを計画しているといいます。

(APOLLO)

標的はマツダ・CX-4! VWティグアンに「クーペ」モデルを投入(http://clicccar.com/2017/02/06/442572/)