<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 最終日◇5日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>
アリゾナ州にあるTPCスコッツデールで行われている米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」の最終日。昨年覇者・松山英樹は1イーグル・3バーディ・ノーボギーでトータル17アンダーでホールアウト。ウェブ・シンプソン(米国)とのプレーオフへが決定した。
【動画】2万人が熱狂!松山英樹がホールインワン…?
15番で単独首位に浮上した松山だったが、17番、18番と連続バーディと猛追を見せるシンプソンに追いつかれ、昨年に続くエクストララウンドへと突入した。
首位から出たアン・ビョンフン(韓国)は一時は18アンダーまで伸ばしたものの、バックナインで大崩れ。初優勝には手が届かなかった。
【18ホール終了時の順位】
1位T:松山英樹(-17)
1位T:ウェブ・シンプソン(-17)
3位:ルイ・ウーストハウゼン(-16)
4位T:リッキー・ファウラー(-15)
4位T:J.J.スポーン(-15)
6位:アン・ビョンフン(-14)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【プレーオフ速報中】松山英樹、シンプソンと一騎打ち 18番、18番、10番、17番の繰り返し
熱狂ギャラリー20万4906人!1日の最多記録更新
17位から予選落ちの石川遼、池に消えた2発の残像に苦しむ
【注目ギアコラム】松山と石川、2人に合うシャフトって何?