インタビューリレー企画の第2弾は、大阪市浪速区の7人組アイドルユニット・AnimalBeastからえりパン、あんポン、えなルフが登場

写真拡大

BS12 トゥエルビにて放送中の「おまねきてれび3」(隔週木曜深夜2:00-2:30、隔週で再放送)。ザテレビジョンでは、同番組に出演するご当地アイドルたちに、リレー形式でインタビューを行っている。

【写真を見る】AnimalBeastの自撮り!

第2弾は、大阪市浪速区の7人組アイドルユニット・AnimalBeast。2月9日(木)放送回で「プライベート」をテーマに様々な一面を明かしていくえりパン、あんポン、えなルフの3人に、番組の見どころなどを語ってもらった。

――グループ名が「ANIMADOLL-あにまどーる-」から「AnimalBeast」になってメンバーも変わりましたが、改めて自己紹介をお願いできますか?

えりパン:大阪から全国にアニマルパワーをお届けする、動物めっちゃ大好きなアイドルです。「728大使(浪速区盛り上げ大使)」に任命していただいています。メンバーは7匹いるんですけど、今日はたぬき担当のあんポン、パンダ担当のえりパン、オオカミ担当のえなルフの3匹だけで、あとの4匹は檻にいます。

――あんポンさん、えなルフさんは入ったばかりですね。

あんポン:そうですね、デビューしてまだ1カ月くらいです。

――グループに入ってみて、楽しいなという事はありましたか?

えなルフ:色々経験できて、入って良かったなって思っています。レコーディングがすごく楽しかったですね。自分の歌声って、ちゃんと聞いたことがなかったから。

あんポン:私はデビュー前に「おまねきてれび3」の収録があって、何も分からないまま出ちゃったんですけど、催眠術でピュア度を決めるという回で1位になって、次の回で最下位になって、すごい美味しいところをいっぱい取ってしまいました。それでトークとかが鍛えられた部分もありますし、入っていきなりいい経験ができました。

――最初から出番が多かったですね。

あんポン:でも今回の台本読んだら、私の名前がいっぱいあって…私、トークできないんですよ(汗)。

えりパン:キャラがいいから!

あんポン:前はキャラで頑張ってたんですけど、今回はトークがいっぱいあって心配ですけど頑張ります。

――そして、えりパンさんは「ANIMADOLL-あにまどーる-」時代からずっと出ていますね。

えりパン:「ANIMADOLL-あにまどーる-」では1番喋らないメンバーだったんですよ。でも、新しい子ばっかりでリーダー的な存在にならなあかんってなって、みんなのおかげでちょっとはしっかりできたかなって。「おまねきてれび3」のおかげでトークとかへの意識が変わりました。頑張って面白くしようって思えるようになったんで、嬉しいです。

――これからの活動でも、率先して喋っていかなきゃいけませんね。

えりパン:ヤバいです(汗)。頼りないんですけど、頑張ります。

――今回はテーマが「プライベート」ということで、えなルフさんはお酒について話されていましたね。

えなルフ:お酒は弱いんですけど、薄めて色んなお酒を飲んでます。部屋に30種類くらい置いてて、お気に入りはファジーネーブルで“ペシェ”っていうお酒です!

――番組内で語られなかった、メンバー同士のプライベートって何かありますか?

えりパン:面白くないんですけど、小学生のときにもらった亀が大きくなって、小さい金魚も大きくなって、犬以外の家の動物がやたら大きくなるっていう話しかないです…(汗)。

――他のグループのプライベートで、印象に残った話はありましたか?

えりパン:えーりん(天空音パレード・竹下絵莉)さんのオカマの話!

あんポン:私もオカマの友達が欲しくなった。

――では、最後にファンにメッセージをお願いします。

あんポン:私は問題を出す側で、バレんようにギリギリのヒントを出しているので、そこを見てほしいです。

えなルフ:初めて出させていただいて、みんなと違う感じになってしまったから、これからもし出るとしたら合わせていけるようになりたいなって思いました。

えりパン:「SNOW」アプリを使わせてもらって、めっちゃ楽しかって、そこを見てほしいです。あとは、可愛いワンちゃん!

――残念ながらパンダは出てこなかったですね。

えりパン:(プライベートを自撮りした)映像では縫いぐるみを持ってたんですけど、カットされてて(笑)。あっ…みたいな。