「ライフ」に出演するライアン・レイノルズ

写真拡大

 ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、真田広之が共演するSFスリラー「ライフ」が、7月8日に公開されることが決定した。地球外生命体を調査する宇宙飛行士たちが、恐怖に直面するさまを描く。

 世界各国から集められた6人の宇宙飛行士たちは、火星で採取した地球外生命体の細胞を国際宇宙ステーション内で極秘調査していた。しかし、高い知能を持ち、次第に進化、成長する地球外生命体を前に、宇宙飛行士たちの関係が狂い始め、命も奪われていく。

 「チャイルド44 森に消えた子供たち」のダニエル・エスピノーサ監督がメガホンをとり、レイノルズ主演で世界的大ヒットとなった「デッドプール」の脚本家レット・リースとポール・ワーニックが、再びタッグを組んだ。

 ギレンホール、レイノルズ、真田のほか、「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」のヒロイン役で注目を集めたレベッカ・ファーガソンが、宇宙飛行士役で出演している。

 「ライフ」は、7月8日から東京・丸の内ピカデリーほか全国で公開。