“チーム翔平”結成か

写真拡大

 右足首のケガでWBC出場を断念した日本ハム・大谷翔平(22)は悔しさをにじませる。

「出たいと思う大会ですし、投げたいと思う大会。残念な気持ちはある」

 侍ジャパンにとっては大きな痛手となった。小久保裕紀監督(45)にとっても当初の構想を変更せざるを得ないだろう。

 日本中の野球ファンの落胆とは裏腹に、ほくそえんでいるのがメジャーのスカウトたちだ。某メジャー球団のアジア担当者がいう。

「大谷がメジャーで常に2ケタ勝てる素材であることは確信している。怖いのは、酷使によるヒジや肩の状態だけだ。WBCで投げないことは、かえって好評価につながるだろう」

 メジャー移籍への期待は、過熱の一途だ。そんななか、大谷の故郷・岩手県奥州市から気になる情報がもたらされた。地元の大谷ファンがいう。

「昨年末、大谷選手のお父さんが長年勤めていた会社を辞めたんです。近くメジャーへ行く大谷選手をサポートするためではないか、と噂になっている。一緒に渡米するのではないかという話も出ている」

 プロゴルファー・石川遼が米国ツアーに初挑戦した際には、父・勝美氏を中心とした「チーム遼」が帯同してサポートしたように、独身の大谷にとって家族が近くにいることは何より心強いだろう。

「年俸2.7億円の大谷ですが、本人は月10万円のお小遣い制で、お金はすべて両親が管理しているそうです。野球以外のことには全く関心がない無頓着な性格のため、生活の細かな部分を家族がサポートすることに、本人も抵抗はないらしい。『チーム翔平』結成の布石と見て間違いないでしょう」(スポーツ紙記者)

 真相を確かめるべく、大谷の実家を尋ねた。しかし、母・加代子さんは、「私の口から申し上げる立場にないので……。ごめんなさい」とノーコメント。父・徹氏からも、話を聞くことはかなわなかった。大谷家と親しい知人が内情を打ち明ける。

「徹さんが会社を辞めたのは事実。もちろん翔平くんのサポート体制充実のためではありますが、もうひとつの理由が地元の野球チーム『金ヶ崎リトルシニア』の監督業の活動に専念するためです」

 同チームは、「ジュニアに目標とされる選手になりたい」という大谷の言葉を受けて、徹氏が有志と立ち上げたもの。

「徹さんは社会人野球の強肩外野手でしたし、何より大谷翔平を育てた実績がある。設立と同時に、地元の有力選手が続々集まりました。設立からわずか3年で今年3月の全国大会出場を決めたんです。徹さんも“第2の翔平を育て上げる”と意気軒昂です。

 勤務先には、“会社員との二刀流はできない”といって辞めたそうです(笑い)」(同前)

 息子の稼ぎに乗っかるのではなく、自分の夢の実現のために退路を断ったということか。さすが「この父親にしてこの息子あり」である。

※週刊ポスト2017年2月17日号