<ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン 最終日◇5日◇TPCスコッツデール(7,266ヤード・パー71)>
アリゾナ州にあるTPCスコッツデールで行われている米国男子ツアー「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」の最終日。首位と4打差の3位タイからスタートした松山英樹は1イーグル・3バーディとスコアを5つ伸ばし、トータル17アンダーとしている。
【PGAツアー動画】松山英樹が名物ホールでスーパーショット!
1番から出た松山は3番パー5で、残り255ヤードのセカンドショットを1メートルに2オンしてイーグルを奪取。5番でもバーディを奪うと、後半は13番パー5でバーディを奪って首位に並ぶと、15番パー5でも2オンに成功しバーディ。トータル17アンダーとし一歩抜け出した。
約2万人がスタジアム状のスタンドで観戦する名物の16番パー3。一度はギャラリーの奇声に仕切り直すも、ピン左4メートルにつけた。バーディパットはスライスラインを右に外してパーとした。
17番は3Wでティショットを放って花道に運んだ。約50ヤードのアプローチはピン左2メートルに寄せた。絶好のバーディパットは右に外して首位タイのまま最終ホールに入った。
バーディを獲れば優勝が近づく最終18番はティショットをドライバーでフェアウェイに運んだ。約74ヤードのセカンドはピン左奥4メートルにつけた。奥からのバーディパットはあとひとコロがり届かずパーでフィニッシュ。17アンダーで4日間を終えた。
ウェブ・シンプソン(米国)がトータル17アンダーですでにホールアウト。単独首位からスタートしたアン・ビョンフン(韓国)は一時は18アンダーまで伸ばしたものの、10番11番と連続ボギーでスコアを落としている。
松山が優勝すれば日本人最多となる米ツアー4勝目。大会連覇も日本史上初の快挙となる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【注目ギアコラム】松山と石川、2人に合うシャフトって何?