1

by Pietro Bellini

瞑想は人の脳を変化させ、ストレスから人を解放するのに役立つことが過去の研究から明らかになっていますが、実際に正しく瞑想を行うのはなかなか難しいこと。そこで、初心者であっても瞑想を生活に取り入れることができるようにしたツール&ガイドが「QuietKit」です。

Guided meditation for beginners (for free) from QuietKit

http://quietkit.com/

QuietKitは非常にシンプルなツールで、まずはウェブサイトにある「2 minutes」「4 minutes」「6 minutes」「8 minutes」「10 minutes」から、自分が瞑想したい時間を選びます。「2 minutes」を選ぶと……



オーディオが現れるので再生ボタンを押せばOK。すると、雨音と共に「背筋を伸ばしてリラックスしてください」「手を膝にのせて、呼吸に集中できるようにゆっくり目を閉じてください」「呼吸が体に入ってくる感覚に意識を集中し、ゆっくりとはき出してください」など、インストラクターによるガイドが英語で流れます。



瞑想は「目を閉じて呼吸に集中」するという行為なのですが、実際にやってみると、わずか数分の間でも他のことを一切考えずに呼吸にだけ集中することの難しさがわかります。それゆえ「いまいちやり方がわからない」「効果がない」となってしまうこともあるのですが、下記のQuietKitのガイドを呼んでオーディオを再生させれば、誰でも日常に瞑想を取り入れることが可能とのこと。

◆QuietKitの使い方

(1)静かで心地よい場所に背筋をまっすぐにして座る

(2)ヘッドホンをつける(瞑想を妨げる外界のものを遮断するため)

(3)自分にとって最適な瞑想の時間を選択する

(4)「Play」を押して目を閉じる

(5)息を吸い、はき出すことに集中する

◆初心者のためのヒント

瞑想を始めたばかりの時は呼吸に集中しようとしても、他のことを考えてしまいますが、問題ありません。そんな時は考えてしまうことを頭の外に流し出すようにし、慌てず、もう一度呼吸に集中しようとしてください。例え瞑想の訓練を何年もしている人でも、他のことを考えてしまう時はあります。

◆瞑想を習慣化するには

「瞑想をどのくらいの時間行えばいいのか?」という議論がなされることがありますが、瞑想は、短い時間であっても「毎日行うこと」によって効果が得られます。

瞑想を習慣化するには以下のポイントを意識するとよいとのこと。

・短時間行う

いきなり10分間の瞑想をしようとせず、まずは2分間から始めます。

・無理なスケジュールを立てない

「1日10分の瞑想を毎日続ける」のではなく、「1週間目は1日2分の瞑想」「2週間目は1日4分の瞑想」「3週間目は1日6分の瞑想」「4週間目は1日8分の瞑想」「5週間目は1日10分の瞑想」「それ以降は起きてすぐと寝る前に10分の瞑想」というように、段階立てて瞑想を行う時間を増やしてください。

・一貫性を持つ

瞑想は毎日、同じ時間、同じ場所で行います。朝起きて学校や会社に行く前に行ってください。もし朝行うことができなければ、昼食の前や直後、夕食の後、寝る前など、時間を決めておこなえばOK。自分にとって瞑想にぴったりの環境を見つけてください。

また、瞑想になれてきたら1日のうち2回目の瞑想の時間を設定することがオススメ。仕事が終わった後や学校帰り、寝る前などに行う2度目の瞑想は1日のリセット時間になります。

なお、瞑想の効果には「ストレスと不安を減らす」「集中力を上げる」「マインドフルネスな状態になる」などがあると言われています。さらに詳しい効果などは以下の記事で詳しく読むことが可能。

「瞑想」がもたらす科学的効果とは? - GIGAZINE



QuietKitは「UsersThink」というスタートアップのの創業者であるJohn Turnerさんが作ったツール。仕事がうまくいっている時でもストレスを感じることが多かったTurnerさんがストレスに対処する方法を探していたところ、最終的に瞑想にいきついたとのこと。Turnerさんは「瞑想がストレスを減らすのに役立つ」ということは以前から知っていましたが、最近になって効果が科学的に証明されたことから瞑想を始めることに。しかし、瞑想に取り組むのは驚くほどに難しく、アドバイスを得ようにも、瞑想について解説した本は分厚い上にわかりにくく、また瞑想講座などは妥協を許さないものが多く、アプリはサインアップの必要があったり有料であるものが多かったとのこと。

これらのことから「瞑想の初心者の助けになるツールやサービスがほどんどない」と気づいたTurnerさんは、自分のためにも自らツールを作りあげることを決意。実際に作ったツールを自分で使ってみたところ、瞑想によってストレスを減らすことに成功したとのことです。「今の私のミッションは、私が得られたように、この星で暮らすすべての人々が瞑想から利益を得られるようになることです」とTurnerさんは語っています。