決戦投票まで残り3カ月を切ったフランスの大統領選。ここに来て右派の公認候補で有力候補の1人だったフランソワ・フィヨン元首相(共和党)が、出馬断念の危機に見舞われている。

 妻のペネロプ夫人を議員助手としてカラ雇用し、勤務実態がないのに不正給与を支払っていた疑惑が発生したのだ。夫人のほか子供2人も議員助手としてカラ雇用していた疑いがある。

不正給与の総額は1億円以上?

 最初に疑惑を報じたのは、スクープで知られる風刺週刊紙「カナール・アンシェネ」(1月25日付)だ。フィヨン氏が国民議会(下院)議員時代の1997年から2012年まで夫人を議員助手としてカラ雇用していたほか、フィヨン氏と親しい経済人がオーナーを務める月刊文芸誌「レヴュー・デ・ドゥ・モンド(2つの世界の雑誌)」も夫人に約2年間、不正給与を支払っていたと報じた。

 同週間紙は次の号で追い打ちをかける。夫人は1988年から90年までの3年間、勤務実態がないのに議員助手の手当を支給されていたうえ、大学生だった2人の子供も2005年から2007年までの間に議員助手として約8万4000ユーロを受け取っていたとスッパ抜いた。フィヨン一家が受け取った不正給与の総額は、雑誌社からの支給額も加えると「100万ユーロ余」(日本円で1憶2200万円)に上るとされる。

 各メディアも連日事件を報道した。米国でニクソン大統領が辞任に追い込まれた「ウオーターゲート事件」になぞらえて「ペネロプゲート事件」と呼び、スクープ合戦を展開している。

メディアに登場しなかった「地味な専業主婦」

 フィヨン氏は1月26日に即座にテレビでカラ雇用を否定した。「英語を完璧に話す夫人」(英国・ウエールズ地方出身)が「自分の議員助手として政治生活を支えてきた」と証言。2人の子供は弁護士として働いていたと述べた。

 ただ、夫人は地味な専業主婦として知られ、これまで政治家を支える妻としてメディアに登場したことはほとんどない。フィヨン氏が首相時代(2007〜2012年)に応じたインタビューなどでもその点を強調していた。

 月刊文芸誌には2回だけ夫人の記事が掲載されたことがあるが、夫人が同誌で働いていたとされる時期の編集長は、「(夫人に)会ったことも職場で見たこともない」と証言した。これに対し、フィヨン氏の弁護士は「夫人はペンネームで寄稿しているし、ボツにされた原稿も多い」と反論した。

 政治家の汚職捜査を担当する「反汚職財政違反捜査局」は1月31日に夫妻を「証人」として尋問。翌2月1日には国民議会の関係個所も家宅捜査した。議会が家宅捜査されることは極めて稀である。

 夫人が議員助手として雇用主のフィヨン氏と結んだ契約書(98年4月8日付)は確かに存在する。だが、この契約書には雇用期間が「無期限」となっているなど判然としない部分が多く、捜査当局がどう判断するかがカギとなりそうだ。

 フィヨン氏はテレビ会見で「もし、起訴を前提にした本格的取り調べが開始されたら、出馬を取りやめる」と宣言した。ただし司法手続きには時間がかかるため、大統領選までには「本格的取り調べ」は開始されないとの見方が支配的だ。

男女問題よりも金銭問題が致命傷

 カトリック教徒のフィヨン氏は、テレビ会見で自分がいかに愛妻家であるかを強調した。確かに彼はフランスの他の多くの政治家と異なり、離婚や再婚、不倫疑惑もない。

 例えばフィヨン氏と予備選で公認候補を争ったニコラ・サルコジ元大統領は大統領任期中に離婚し、カーラ夫人とは3度目の結婚だ。アラン・ジュペ元首相も再婚している。フランソワ・オランド大統領は2人の元同居人がおり、今は女優のジュリー・ガイエと半同居中だ。

 もっとも、フランスでは政治家に男女関係のモラルはあまり問われない。それよりも「金銭」問題が致命傷といわれている。

 74年の大統領選でドゴール派の本命と言われたジャック・シャバンデルマス氏は、たった1サンチーム(1フランの100分の1)を支払わなかった脱税をカナール・アンシェネに指摘され、ヴァレリー・ジスカールデスタン氏に敗れた。

 そのジスカールデスタン氏は、中央アフリカの独裁者、ジャン=ベデル・ボカサ大統領から30カラットのダイヤモンドを贈られたというスキャンダルで、81年の大統領選でフランソワ・ミッテラン氏に敗れている。

党内では「タイタニック号の沈没」の声

 フィヨン氏は、「大統領選を3カ月後に控えて、このような候補者排斥運動が起きるのは前代未聞」「左派の謀略だ」などと反発し、精力的に選挙運動を続行している。共和党も2月1日に緊急幹部会を開き、党を挙げて応援することを表明した。

 だが、フィヨン一家が取得したとされる金額が約100万ユーロと多額のうえ、これまでクリーンで「正直な人」のイメージが強かっただけに、イメージ失墜は免れない(「銀行口座は1つ」と言っていながら、実際は15の口座を開いていたことも判明した)。党内には「タイタニック号の沈没」だと表現する者もいる。それほど今回のスキャンダルは「あり得ない」はずの出来事だった。

 支持率も低下している。1月末に実施された最新の世論調査(経済紙「レゼコー」が実施)では「フィヨン氏の反論に説得力がない」が76%に上った。疑惑事件報道前の12月の調査では「支持」が54%だったが、1月下旬の発表では「不支持」が61%と急増した。

 共和党内では、一部の議員が密かにフィヨン氏出馬取り消しに備えて「Bプラン」を作成中と伝えられる。党内では、予備選に出馬しなかった若手の登場が望ましいとの意見が強い。ルモンド紙によると、サルコジ政権時代に閣僚を務めたフランソワ・バロワン氏やザヴィエ・ベルトラン氏、ローラン・ワキエ氏らの名が取り沙汰されている。

 ちなみに、レゼコーの世論調査ではフィヨン氏は得票率18〜20%で3位となっている。2位は、右派でも左派でも政党でもない政治グループ「進行!」の創設者、エマニュエル・マクロン元経済相(22〜23%)。現時点の1位は、極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首(26〜27%)である。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:山口 昌子