オーディションをにぎわせる動物たちに扮する (C)Universal Studios.

写真拡大

 「ミニオンズ」のユニバーサル・スタジオとイルミネーション・エンタテインメントがタッグを組み、世界中のヒットナンバーが60曲以上も使用される長編アニメ「SING シング」の日本語吹き替え版に参加する新たな声優陣が、発表された。柿原徹也、村瀬歩、木村昴、佐倉綾音といった声優陣に加え、元ボーカル&ダンスユニット「Dream5」の重本ことり、ファッションモデルの辻美優、シンガーソングライターの河口恭吾が個性豊かな動物たちに扮する。

 倒産寸前の劇場で支配人を務めるコアラのバスター・ムーンが、大規模な歌のオーディションを開催し、経営を立て直そうとするさまを描く本作。世界で唯一歌唱シーンも含めた“全編吹き替え版”で製作される日本語吹き替え版では、ムーンをお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良が演じるほか、長澤まさみ、音楽ユニット「スキマスイッチ」の大橋卓弥、お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司、大地真央、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々の出演が発表されている。

 アニメ「天元突破グレンラガン」の主人公シモン役で知られる柿原、「ハイキュー!!」の主人公・日向翔陽役を務める村瀬、「ドラえもん」の新ジャイアン役でおなじみの木村は、ケンカの絶えないカエルのトリオに扮してロックバンド「ヴァン・ヘイレン」の「ジャンプ」を披露し、「ようかい体操第一」で人気を博した元「Dream5」のリーダー・重本、アニメ「僕のヒーローアカデミア」のヒロイン・麗日お茶子役を演じる佐倉、全日本美声女コンテストグランプリを受賞した辻の3人は、セクシーなウサギたちに扮してニッキー・ミナージュの「アナコンダ」を歌い上げる。ヒット曲「桜」で一世を風びした河口はキリン役でマイケル・ジャクソンの「ベンのテーマ」を熱唱する。

 柿原は「これほど音楽に彩られた作品に参加させていただくのも珍しく、非常に貴重な体験をさせていただきました。僕自身もワクワクしながら公開を待っています」と参加の喜びを語っている。

 「SING シング」は、音楽プロデューサーの蔦谷好位置と作詞家のいしわたり淳治が、それぞれ日本語吹き替え版の音楽プロデュースと日本語歌詞の監修を務める。3月17日から全国公開。