発表資料

Googleは、Webマスター向けの公式ブログにて、Webサイトの品質の評価方法をアップデートしたと発表した。同社は、今回のアップデートによって、ユーザーに有用な情報を提供することよりも、検索結果の上位に自ページを表示させることに主眼を置くサイトの順位が下がると説明している。この結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つサイトが、より上位に表示されるようになるという。

同社は今回の変更の目的として、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を挙げており、このアップデートによって、有用で信頼できるコンテンツの提供者を正当に評価するWebのエコシステム作りの助けになることを期待しているとコメントしている。発表資料
URL:https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/02/for-better-japanese-search-quality.html
2017/02/06