未曽有の人口減少時代に突入しつつある日本では、近い将来、経済が衰退するのではないかという説が、半ば常識として語られている。しかし、それは本当だろうか?

写真拡大

未曽有の人口減少時代に突入しつつある日本では、労働力人口や消費の減少により、近い将来、経済が衰退するのではないかという不安が募っている。しかし、それは本当だろうか。もしも、人口減少にもかかわらず経済が成長し、日本人が豊かになれる未来があるとしたら――。実は、そんなシナリオを唱える専門家は現実にいる。マクロ経済学に精通する吉川洋・立正大学経済学部教授が唱える、これまでとは違う「人口と日本経済」論に耳を傾けよう。(まとめ/ダイヤモンド・オンライン 小尾拓也)

財政危機に地方の消滅、
人口減少の脅威は確かだが……。

 日本は今、かつてない人口減少時代を迎えようとしています。2012年1月に公表された国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口(出生中位)によると、2015年現在、1億2711万人(15年国勢調査)いる日本の人口は、2110年には4286万人になると見られています。今後100年間で、日本の人口は約3分の1まで減少するというのです。少子化に伴う人口減少・急速な高齢化により、日本社会に深刻な影響が起きるでしょう。

 少子高齢化の進行による最も大きな影響の1つは、社会保障の増大と財政赤字の拡大です。年金、医療、介護などの社会保障費は現役世代(15〜64歳)が高齢世代(65歳以上)を支えることで成り立っています。

 足もとで、日本の高齢化率(総人口のうち65歳以上が占める割合)は26.7%(2015年国勢調査)となっており、日本人の4人に1人以上は高齢者です。現役世代と高齢世代の比率は2.5対1(2013年時点)で、現役世代2〜3人で1人の高齢者を支える「騎馬戦」の状態になっています。これが、高齢化率のピークを迎えると見られる2060年には1.3対1となり、ほぼ1人の現役が1人の高齢者を支える「肩車」の状態になります。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)