人気コスプレイヤーの えなこさんをはじめ、コスプレ美女たちが勢ぞろい!

写真拡大

オタクが作るオタクのためのパーティー”をテーマに、アイドルやDJ、ダンサー、アニソン、メイド、コスプレなど、さまざまなサブカルチャー要素を凝縮したクラブイベント「オタクパリピカケイカク」。1月21日に都内で開催され、大盛況となった同イベントの潜入リポートを、今回は“コスプレ”にクローズアップする形でお届けしよう。

【写真を見る】えなこさん、くろねこさん、火将ロシエルさんなど、美人コスプレイヤーが渋谷に集結!/左より、山吹りょうさん、くろねこさん、えなこさん、火将ロシエルさん、ボブリシャスさん

4人組アイドルユニット“謎ノプルプルガキテル”のデビューを記念して、渋谷club asiaにて開催された「オタクパリピカケイカク」。メインフロアでは、謎ノプルプルガキテルをはじめ、DJ AKIこと、元AKB48の高城亜樹さん、多数の映画やCMで楽曲を手掛ける池内ヨシカツさんといった面々が、迫力のライブステージを披露。またロビーには“テキーラメイド喫茶 オタク横丁”なるブースも出展し、メイドに給仕してもらう形で、お酒も楽しめるようになっていた。

そんな「オタクパリピカケイカク」のプログラムの中でも、記者が特に気になったのが“コスプレナイトフィーバー”という催し。EDMサウンドに合わせて、ステージ上に人気コスプレイヤーが次々に登壇。彼女たちが繰り広げるパフォーマンスを自由に撮影できる……といったプログラムなのだが、通常のクラブイベントとは違い、一眼レフカメラを携えたカメラマンが大挙して押しかけ、フラッシュをガンガンたきながら撮影するさまが何とも印象的だった。

コスプレ撮影会とクラブイベントが融合し、まさに“オタクのパリピ化”というコンセプトにふさわしい盛り上がりを見せたコスプレナイトフィーバーだが、はたして出演陣は、この熱狂ぶりをどのように感じたのだろうか?ステージを終えたばかりの人気コスプレイヤー・えなこさん、くろねこさん、火将ロシエルさん、山吹りょうさん、ボブリシャスさんに、率直な感想を聞かせてもらった。

■ 人気コスプレイヤーたちにイベント出演の感想を直撃!

■えなこ 初めて、クラブイベントに出演させていただいたのですが、普段の撮影会とは雰囲気が全然違っていて、びっくりしました。このような形で写真を撮っていただくのも初めての経験で、何もかもが新鮮で楽しかったです。

■くろねこ こういったイベントを通して、コスプレが世の中に広まっていくことを嬉しく思います。コスプレはハードルが高いように見えますが、一度体験すれば、その面白さを分かっていただけると思うので、興味のある方には気軽に挑戦していただきたいですね。

■火将ロシエル クラブ自体、これまで一度も遊びに行ったことがなかったので、今日は朝からずっと緊張していたんです。でもステージに立ったら、音楽もカメラマンの皆さんもすごくノリノリで、私自身も思いっきり楽しませていただきました。

■山吹りょう ギタリストとして、これまで何度かライブイベントに出演したことはあるのですが、今回のステージは、それらとは全然雰囲気が違っていて楽しかったです。コスプレイヤーのお客さんにも大勢来てもらって、皆で盛り上がれるイベントにしていきたいですね。

■ボブリシャス トップバッターだったので、とにかく緊張してしまって。夢中でいろいろとポーズを取っていたら、あっという間に終わってしまいました(笑)。漫画やアニメに続き、コスプレも幅広い層に認知されるサブカルチャーとして広まっていくと嬉しいです。

このように、出演レイヤー陣も大満足のうちに終了した「オタクパリピカケイカク」だが、好評につき、2月24日(金)には早くも第2回の開催が決定している。はたして次回は、どのようなプログラムで“オタクのパリピ化”が進展していくのか?開催時は再び潜入し、リポート記事をお届けしたい!【ウォーカープラス編集部/取材・文=ソムタム田井】