借りてきたDVDに100ドルのサプライズ!書かれたメッセージ反響続々

写真拡大

ツイッター・ユーザーのLizさんの母親が軽い気持ちで借りてきたDVDに、あるサプライズが仕掛けられており、その内容が大きな反響を生んでいる。

DVDに隠されていた100ドル

Lizさんのお母さんが借りてきたのは、史上最悪と言われている2010年のメキシコ湾原油流出事故を映画化した『バーニング・オーシャン』。

もちろん借りた際には、その後インターネットを騒がせるサプライズが仕掛けられているとは、思ってもいなかっただろう。

そのDVDに仕掛けられていたサプライズとは、見知らぬ人からの100ドルのプレゼント。

lifeaslizz__/Twitter

lifeaslizz__/Twitter

一緒に添えられていたメッセージには、マルコスと名乗る人物から「毎月100ドルを見知らぬ人のために使ってきたんだけど、今月はレンタルDVDに隠しておくことにしたんだ」という説明と「どうか良いことにこのお金を使って欲しい、もしいらないなら寄付してね。必要なら取っておいてもいいし。よい一日を!」というメッセージが書かれていた。

ツイッターで約13万リアクション!

1月28日、「誰だかわからないけどマルコスさんに神の恵みを」と言うコメントともにLizさんはツイッターに投稿。すると1週間もたたないうちに約32,000件のリツイートと約98,000件のいいねを受けた。

また、コメントも100件を超えており、「神はマルコスに寛容さを与えた」「スイートだね!」「いい奴だ」「マルコスは本当にいいことをしたよ。直接お礼も言われないし、節税対策にもならないんだ」「感銘を受けた」などのコメントが多く投稿されている。

“本人”も登場

Lizさんのツイートが広まると、「これ、私のおじさんだよ!」と名乗る女性が登場。本人が反応する事態となった。

「姪っ子がこのツイートを見つけて教えてくれたんだ。あなたのお母さんに喜んでもらえてうれしいよ」とコメントしている。