仕事や勉強などで髪をまとめる時、かわいいシュシュは女子の必須アイテム。せっかくなら、自分の好きな糸を組み合わせてオリジナルのシュシュをつくってみませんか? 道具もいらないので、簡単にできちゃいます。  


指編みの基本のやり方でシュシュを作って見よう



指編みって聞いたことありますか? 編み物をしたことある人ならわかると思いますが、編み物は通常「編み棒」という棒を使って編みますよね。でも、ざっくりした網目でつくるアイテムは、指だけで編む「指編み」というやり方で編み物ができるので、初心者にも簡単にできてしまうんです。

さらに今回は指編みの基本である、「鎖編み」という編み方だけでシュシュを作ります。鎖編みをひたすら続けるだけなので、所要時間はおよそ30分と、短時間で完成するのも指編みの魅力です。

材料はとてもシンプル! 糸とヘアゴムを用意するだけ



材料は好きな毛糸やリボンなどの糸類と、中に入れるひも状のヘアゴムだけ。道具はひも通しがあると便利ですが、なくても簡単にできます。

編んだ時にいろんな糸が混ざっている方がボリュームがあってかわいいので、3種類くらいの毛糸やリボンを組み合わせるのがおススメ。

材料は手芸屋さんや100均で調達できるのですが、糸にこだわりたいなら編み物専門店や糸専門店などに行ってみましょう。かわいい糸を使うとお気に入りの仕上がりになります!

それでは編んでいきましょう まずは基本の鎖編みから


※編み方は分かりやすいように太い一本の糸で解説しています。

(1)いくつかの糸の先をそろえて先を10センチほど余裕を持たせます



(2)余裕を持たせたところから1つループを作って、ループの中に親指と人差し指を入れます



(3)2の親指と人差し指で、長い方の糸をつまんでループにくぐらせます



(4)これで1網目のできあがり!




(5)次に、できたループに同じように親指と人差し指を入れて、長い方の糸をつまんでループにくぐらせます。またできたループに、同じように糸をくぐらせて新しいループを作るのを繰り返します。この時、ループがどんどん大きくならないように、左手で適度に糸を引っ張りながら、同じ大きさを保てるように注意してください



(6)この作業を繰り返し、約40センチほどの鎖編みを完成させます



(7)鎖編みの最後から10センチほど余裕をもって糸を切り、最後のループに糸をくぐらせて引っ張ると、鎖編みの閉じができます




(8)25センチほどに切ったヘアゴムをひも通しにつけて、鎖編みの端から一目ずつ波縫いしていきます(ひも通しがなくてもできます)



(9)最後までヘアゴムを通したら、ゴムの最初と最後をあわせて、手首につけられるくらいの長さでくくります



(10)余分なゴムの端を切った後、鎖編みの最初と最後の部分をくくってできあがり。最後の部分は短く切ってしまってもいいですが、リボン結びにしてみたり、そのまま垂らしててもかわいいです



プレゼントしても喜ばれそう♡


最初は慣れるまで時間がかかると思いますが、慣れてしまえばすぐできるので、いろんな糸で作ってみましょう。

ハンドメイドの良さは自分好みにカスタムできるところです。基本ができたら、チャームを通して見たり、飾りボタンをつけてみたりと、自分なりのアレンジを加えてみると、もっと楽しくなります。

私は、仲良しの友人の洋服の好みやイメージカラーで、友人オリジナルのシュシュを作ってプレゼントすることもあります。シュシュなら実用的だし、もらって困るという事はないはず。みんな喜んでくれていました。

お気に入りのヘアアクセがつけるだけで、テンションも上がります。この寒い時期、おうちで簡単なハンドメイドに没頭してみてはいかがですか?
(キノシタマユコ)