我慢できなく容赦しない猫パンチ #逗子猫日記

写真拡大 (全5枚)

珍しく軍団全員が縁側に並ぶ。
目線の先には鳩がいて、三人とも物音立てず真剣な眼差し。真ん中に巨大なきいママがいるとなんか相撲部屋の力士のようにも見える。
俯瞰で見ると、こんな感じ。
鳩よりも、自分の近くに寄り過ぎたきいママが気に入らなくなってきた、みく。気にするのはそこじゃないだろうに。
我慢できなく容赦しない猫パンチを浴びせる。さっきまで仲良く鳩を見ていたのにこのザマ。まあ、二人がこれ以上の喧嘩にはならないのは、きいがやり返さないからであって、彼女は身体だけでなく器もデカい。ママがやられてても、きいたろうはぼーっと鳩を見てるだけ。こんなだけど、軍団のバランスは悪くないと思ってる。
逗子猫日記 #59猫軍団

もっと「逗子猫日記」を読みたい>>
・猫にとって爪は命! 許せきいたろう!
・ちょうどいいサイズの段ボールがあったから
・そりゃ眠くなるよなぁ
有高さんちの猫たちのプロフィール>>