「ドクター・フー」シリーズ10を撮影中のピーター・キャパルディ
 - Matthew Horwood / Getty Images

写真拡大

 英人気ドラマ「ドクター・フー」で12代目ドクターを演じているピーター・キャパルディが、シリーズ10限りで降板することを明らかにした。

 ピーターはBBCラジオ2のインタビューで降板を発表したあと、番組の公式Twitterアカウントでも発表。「『ドクター・フー』の新シリーズが僕の最後になる。前に進む時が来たように思う」とツイートしている。ピーターがマット・スミスからドクター役を引き継いだのは2013年。新ドクターが誰になるのかが楽しみだ。

 シリーズ10はスティーヴン・モファットがショーランナーを務める最後でもあるため、大きな変化が待っていることになる。翌シリーズからはテレビドラマ「ブロードチャーチ 〜殺意の町〜」のクリス・チブナルにバトンが渡される。(澤田理沙)