J3クラブが新シーズンに向けて高校や大学チームとトレーニングマッチを行った。

 AC長野パルセイロは佐賀市健康運動センターサッカー・ラグビー場で佐賀龍谷高と対戦(30分×4)。1本目をFW佐藤悠希の2ゴールなどで3-0で終えると、2本目に1点を返されたが、4本合計11-1で大勝した。

 福島ユナイテッドFCは産業能率大と対戦し(45分×3)、新戦力MFヘナンの活躍もあり、5-2で勝利した。

 カターレ富山は春野総合運動公園球技場で関西福祉大と35分×4本でトレーニングマッチを行い、FWパブロ(←琉球)のハットトリックもあり、9-1で圧勝した。

 また、ガイナーレ鳥取はIPU・環太平洋大と45分×2本、30分×1本の変則トレーニングマッチを行い、3-5で敗戦。なお、メンバー、得点者などの詳細についての公表は差し控えるとしている。

 以下、各トレーニングマッチの得点者

■長野 11-1 佐賀龍谷高

【1本目(3-0)】

佐藤悠希2、荒田智之

【2本目(3-1)】

三上陽輔、新井純平2

【3本目(2-0)】

遠藤元一、小林秀征

【4本目(3-0)】

寺岡真弘、塩沢勝吾、有永一生

■福島 5-2 産業能率大

【1本目(1-0)】

練習生

【2本目(1-1)】

アレックス

【3本目(3-1)】

へナン、練習生、練習生

■富山 9-1 関西福祉大

【1本目(1-0)】

パブロ(13分)

【2本目(3-0)】

パブロ2(7分、19分)、木本敬介(34分)

【3本目(3-0)】

進藤誠司(2分)、ハン・スンヒョン(5分)、苔口卓也(14分)

【4本目(2-1)】

佐々木陽次2(6分、11分)

■鳥取 3-5(1-2、1-1、1-2)環太平洋大


●2017シーズンJリーグ全クラブ練習試合