2017年2月6日(月)から12日(日)まで行われる「第68回 さっぽろ雪まつり」で、ルーカスフィルム監修の巨大雪像「白いスター・ウォーズ」が公開されます。本日・2月5日に行われたオープニングセレモニーにはダース・ベイダーやストームトルーパーが出席し、会場を盛り上げました。

さっぽろ雪まつり公式サイト|SAPPORO SNOW FESTIVAL

http://www.snowfes.com/

お披露目された「白いスター・ウォーズ」は高さ18m、幅24m、奥行き20mという巨大な雪像で、R2-D2、C-3PO、BB-8、カイロ・レンをかたどっています。今年の雪祭りでは最大の雪像で、約1カ月にわたって延べ2700人が作業にあたりました。使用された雪の量は3500トン。



オープニングセレモニーに姿を見せたダース・ベイダーと3体のストームトルーパー。カイロ・レンの雪像を見上げて、感慨深く頷いていたそうです。



このあと、映画の世界観を表現した「スーパー・ライティングショー」が行われ、集まった観客からは歓声が上がりました。



スーパー・ライティングショーは「さっぽろ雪まつり」期間中、17時30分から21時30分まで行われます。

なお「スター・ウォーズ」シリーズの映画最新作である「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」はウォルト・ディズニー・ジャパン配給で2017年12月15日(金)公開です。

©2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.