雲林県北港の朝天宮

写真拡大

(雲林 5日 中央社)交通部(交通省)観光局が主催する台湾ランタンフェスティバル(台湾灯会)が、中部・雲林県北港で7日、虎尾で11日からそれぞれ19日まで行われる。これに合わせて台湾の旅行会社は県内の観光名所をめぐり、歴史や文化に触れられる便利で多彩な観賞ツアーを開催するほか、観光モデルプランを紹介。来訪を呼びかけている。

観光バスで北港、虎尾をめぐる「遊雲看偶趣」は、雲林の魅力を満喫できる日帰りの旅。ランタンフェス開催期間中の月曜日から金曜日まで毎日出発する。北港朝天宮や虎尾のタオル観光工場、布袋戯館、製糖工場や古い町並みを散策後、虎尾会場のランタンを観賞する。

口湖、水林、北港をめぐる「海口吹風趣」も、観光バスに乗って雲林の水産業の魅力に触れられる旅だ。こちらも期間中の月曜日から金曜日まで毎日出発。ヤエヤマヒルギシジミやカラスミの産地を散策し、北港のご当地グルメに舌鼓を打った後、北港会場のランタンを観賞する。

雲林県を含む中部の県市は台中空港を拠点とした訪台観光を推進。台湾ランタンフェスの開催で、海外からの訪台観光客増加につなげたい考え。

(葉子綱/編集:齊藤啓介)