「ボイス」チャン・ヒョク、イ・ハナを危機から救う

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

チャン・ヒョクがイ・ハナを救った。

韓国で4日に放送されたOCN「ボイス」(脚本:マ・ジンウォン、演出:キム・ホンソン) では、拉致されたカン・グォンジュ(イ・ハナ) を救出するム・ジニョク(チャン・ヒョク) の姿が描かれた。

ファン・ギョンイル(イ・ジュスン) は「ウンビョルとは僕がちゃんと遊んでやる」とレイプ犯罪を予告し、「さようなら、肌の白いお姉さん」と血だらけになったグォンジュを麻袋に入れて地に生き埋めにした。ジニョクは貯水池の近くにいたギョンイルを探し出したが、トランシーバーのため存在がばれてしまい、急いで離れたギョンイルを結局逃してしまう。

手で穴を掘り出したジニョクは麻袋に入っているグォンジュを発見し、無事に救出した。血だらけになったグォンジュは「ウンビョルが危ない。ファン・ギョンイルが10時にレイプ動画を撮ると言った」と警告した。