3日、落馬事故で入院中の俳優アンディ・ラウが、36個の顔文字だけを使ったメッセージを公開。解読したネットユーザーを感動させている。

写真拡大

2017年2月3日、落馬事故で入院中の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)が、36個の顔文字だけを使ったメッセージを公開。解読したネットユーザーを感動させている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

アンディ・ラウは先月17日、タイのバンコク郊外でCM撮影中に落馬し、骨盤や脊椎を痛める大ケガを負った。事故の翌日には香港へ搬送されてそのまま入院中だが、香港メディアでは入院期間を6〜8週間、完全復帰するまでには約9カ月かかる見込みと報じている。

3日、アンディ・ラウが病室のベッドからファンに向けて、絵文字ばかりのメッセージを公開した。「家族」「拍手」「笑い」「パワー」などの絵文字36個を組み合わせたものだ。解読してみると、「家族(ファン)の愛に感謝」「支えてくれる家族に感謝」「僕は大丈夫!」といったような意味になる。

ネットユーザーからは、「これを必死に考えている姿を想像したらかわいい!」「寝たきりでヒマなんだろうな」といった声や、「どうか早く元気になって」というエールなどが送られている。(翻訳・編集/Mathilda)