写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビューソニックは3日、リフレッシュレート165Hzに対応する27型ゲーミング液晶ディスプレイ「XG2703-GS」を発表した。2月中旬から発売する。価格はオープン。

解像度は2,560×1,440ドットで、液晶パネルには独自開発のSuperClear IPS技術を採用。広い視野角と高速な応答速度を備える。165Hzのリフレッシュレートは、DisplayPort接続時に利用できる。

NVIDIA G-Syncや、ゴーストを抑えるNVIDIA超低モーションブラー技術に対応。加えて、コントラストを動的に調整する「適応型コントラスト制御」、暗い部分も明るく表示する「ダークブースト」など、ゲームプレイをサポートする機能を多数搭載。

「ゲームモードホットキー」では、ゲームのジャンル別に合わせたカラー設定を用意。カラーカスタマイズ可能な「ゲーマー」設定も2つある。フリッカーフリー技術とブルーライトフィルタも採用している。

主な仕様は、液晶パネルが27型ワイドの非光沢(アンチグレア)IPS方式、解像度が2,560×1,440ドット(WQHD)、視野角が水平垂直とも178度、輝度が350cd/平方メートル、コントラスト比が1,000:1(DCR時8120,000,000:1)、応答速度が4ms(GTG)。4ポートのUSB 3.0ハブ機能を備える。

映像入力インタフェースはHDMI×1、DisplayPort×1。2W+2Wのステレオスピーカーを内蔵し、VESAマウント100mmに対応。スタンドのチルト角度は15〜-5度、スイーベルは左右175度、100mmの高さ調整と90度のピボットも可能。本体サイズはW624.4×D532.4×H250.4mm、重量は約7kg(台座含む)。

(リアクション)