1

指でコントロールする「フィンガーボード(指スケボー)」は、もともとはスケートボードのおもちゃやキーホルダーとして売られていましたが、雨の日など外で遊べないときのイメージトレーニングとして使われ始め、2017年現在ではチューニングも可能な多数のモデルが販売され、国際大会まで実施されています。このフィンガーボードの国際大会で優勝経験があるChris Heck氏の超絶トリックを収めたムービー「Fingers of Steel」が公開されています。

Fingers of Steel on Vimeo

フィンガーボードの新しいトリックを毎日のように考えているというHack氏。



人さし指と中指を使ってフィンガーボードをジャンプさせ、袋ナットの上に着地。



フィンガーボードを横方向にクルッと回転させ……



巧みに着地して滑っていきます。このときの指の動きは芸術的と言えるレベル。



画面の奥から手前の方向へフィンガーボードを滑らせ……



横方向に回転させながらジャンプ。



そのままボードのノーズ(フロント部分)で着地し滑らせていきます。



右から左へ滑るフィンガーボード。



ノーズキを少し浮かせて……



人さし指でグッと下方向に押して、前方宙返りのような格好に。





着地もピタッと成功させます。





建物の窓に近づくHack氏。



そのまま窓枠部分でフィンガーボードを滑らせ始めました。



こんな狭い場所でも空中で1回転するトリックを披露。



今度は円筒型のオブジェクトでフィンガーボードを滑らせるHack氏。



円筒の中でトリックを決めるフィンガーボードは、ハーフパイプで滑っているスケーターのようにも見えてきます。



細いパイプの上でも……



クルクル回りながら高いジャンプを決めて着地成功。





一度のジャンプで2回転させるシーン。



空中でフィンガーボードを人さし指と中指でクルクルと2回転。信じられないスピードで動く指にも注目です。





超絶トリックを見せるHack氏ですが、失敗することもあります。



うまくフィンガーボードをつかめず着地に失敗。



Hack氏のようにフィンガーボードを滑らそうと悪戦苦闘する子ども。見た目よりもかなり難しいようで、ジャンプさえも決められません。



しかし、Hack氏の手にかかれば……



子どもの頭を飛び越すほど大きなジャンプを決められます。



レールの上を滑らせ……



今度はテールの方から後ろ方向にジャンプし……



そのまま1回転。



ホイールから着地して成功。



このトリックはかなり難しいようで、Hack氏も歓喜の表情です。



噴水の上を滑らせて……



ジャンプし……



そのまま水のなかへダイブ。



ここで終わりかと思いきや、噴水の底を滑らせて……



バシャーンと勢いよく出てきました。これはぜひ映像で確認してもらいたいトリックです。



なお、大人がフィンガーボードをしている光景は奇妙に映ることもあり、通りがかりのおばあさんが大爆笑するシーンもありました。



フィンガーボードだけでなく、フィンガーBMXというものもあり以下のムービーから確認可能。フィンガーボードよりも派手さはありませんが、素人が想像するよりもかなり難しそうです。

Finger bmx pro ripping - YouTube