写真提供:マイナビニュース

写真拡大

幕張メッセで2月2〜5日の4日間開催された「ジャパン キャンピングカーショー2017」にて、日産自動車は「NV350 キャラバン」をベースとした2台を出展した。うち1台は100%電気自動車「リーフ」のEV技術を活用したリチウムイオンバッテリーシステムを搭載し、ワンランク上のキャンピングカー「グランピングカー」を提案している。

今年のショーで展示された車両は、「NV350 キャラバン DX」(ワイドボディ・ハイルーフ)をベースとする「NV350 キャラバン・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー」と、「NV350 キャラバン プレミアム GX」(標準ボディ・標準ルーフ)をベースとする「NV350 キャラバン トランスポーター」の2台。

「NV350 キャラバン・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー」では、EV技術で培ったノウハウをもとに開発された12kWhの大容量リチウムイオンバッテリーシステムを搭載。テレビやルームエアコン、冷蔵庫、電子レンジ、IH調理器などの電化製品を備え、オール電化の調理も可能に。大容量バッテリーをフル充電させることで、3〜4泊のキャンプでも十分に使用できるように考慮されているという。

車名にも採用された「グランピング」は「グラマラス」と「キャンピング」を合わせた造語で、高級ホテル並みの快適な環境が整うアウトドアの新たなスタイルとして注目されている。「NV350 キャラバン・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー」では、大容量バッテリーで電化製品を自由に使えるだけでなく、愛犬家の声をもとにペットの快適さにもこだわったグランピングカーを提案していた。

「NV350 キャラバン トランスポーター」では、ロンリューム加工を施した床張りを荷室に標準採用することで、傷つきにくく重量物も安定して積載可能に。快適な車中泊を実現するベッドシステムも搭載しており、キャンプやモータースポーツなど、アウトドアのあらゆるシーンで高い利便性を実現している。

(上新大介)