両親へのプレゼントが桁違い!G-DRAGONから少女時代メンバーまで、芸能界を代表する親孝行スターTOP8

写真拡大 (全3枚)

ソ・イングクが最高の親孝行スター1位となった。2位はmiss A スジ、3位はBIGBANGのG-DRAGONだった。

最近韓国で放送されたtvN「名簿公開 2017」では「現代版シム・チョン(親孝行物語の主人公)! 芸能界を代表する親孝行スター」の名簿を公開した。この日の親孝行スター1位となったのはソ・イングクだった。

ソ・イングクの母親はソ・イングクが幼い頃古紙を拾って生計を立てた。ソ・イングクは両親のサポートなしに歌手として成功するためにソウルに1人で上京した。「SUPER STAR K」で優勝したソ・イングクは賞金全額を母親にあげ、蔚山(ウルサン) にカフェも出してあげた。母親も息子ソ・イングクの名義でマンションを購入し、息子への愛情を表した。

幼い頃から親孝行だったスジは、2010年miss Aで音楽界にデビューした。映画「建築学概論」への出演で女優として存在感を見せつけ、その後30本以上のCMに出演し、CM出演で100億ウォン(約10億円) 以上を稼いだという。スジはカフェの運営が夢だった母親のためにカフェを出し、光州(クァンジュ) に広い家をプレゼントした。父親に高級自動車と江南(カンナム) のテコンドー場までプレゼントした。

多くのスターたちのワナビーとなったBIGBANGのG-DRAGONが親孝行スター3位に名を連ねた。G-DRAGONは6年間の練習生生活を終え、BIGBANGとしてデビューし莫大な収益を挙げた。G-DRAGONは2013年に聖水洞(ソンスドン) にある高級マンションを購入してスーパーカーを買った。2012年抱川(ポチョン) に10億ウォン代(約1億円) の超豪華ペンションを建て、両親にプレゼントした。彼の収入はすべて両親が管理しており、BIGBANGの海外コンサートにも両親を連れて行き親孝行した。

4位はGirl's Day ヘリだった。ヘリも幼い頃に何度も引っ越ししながら生活した。ヘリは両親に自宅はもちろん、高級車をプレゼントした。また、予定が空くたびに家族全員で海外旅行をしながら楽しい思い出を作った。

厳しい家庭環境を乗り越えて親孝行したスターもいた。5位に名を連ねた2AM チョグォンと6位のJYJ ジュンスがその主人公だ。2人共厳しい家庭環境を乗り越えて、歌手として成功した。ジュンスの場合、両親にラグジュアリーなアパートと済州島(チェジュド) にある350億ウォン(約35億円) のホテルをプレゼントした。チョグォンはマンションはもちろん車までプレゼントした。

少女時代 テヨンとヒョヨンが7位となった。テヨンは3代目の眼鏡店を運営しながら自身をサポートしてくれた両親のためにクレジットカードをプレゼントし、全州(チョンジュ) にあるマンションをプレゼントした。ヒョヨンも仁川(インチョン) 松島(ソンド) にあるペントハウスをプレゼントした。

8位のSUPER JUNIOR キュヒョンは大学に入学した後、SMエンターテインメントに入り、SUPER JUNIORとしてデビューした。キュヒョンは母親と父親のためにマンションと新しい車を購入し、父親の塾のために保証人となった。そこに明洞(ミョンドン) にある6階建てのビルを購入し、ゲストハウスに改造して両親にプレゼントした。