日本の「缶詰バー」が韓国のバラエティ番組で紹介される…ホ・ジウンのSNS写真に関心集中

写真拡大

映画評論家ホ・ジウンが日本の缶詰バーの体験を伝えた。

ホ・ジウンは5日、自身のInstagram(写真共有SNS) に写真をアップした。最近、日本で体験した缶詰を食べた記念ショットであった。

写真の中のホ・ジウンは、日本の缶詰バーに座り、直接選んだ缶詰を味わっている。このシーンは3日、韓国でSBS「醜い私たちの子」で放送された。

特にホ・ジウンは「熊カレー」の缶詰を試食して視線を引きつけた。彼はInstagramに「皆さん、熊カレーは食べないで」という評価を残した。これに対してネットユーザーは「番組見ました」「熊カレーがどんな味なのか気になる。食べてみたいです」などの反応を見せた。