自分の感情こそいちばん知りたい。可視化できるリストバンドある

写真拡大

感情って、複雑。

「喜怒哀楽」って言葉があるけれど、4つではとうていカテゴライズできないほどの感情が、心のなかには蠢いています。

ときどき、「なんでこんなにモヤモヤするんだろう?」とか「今日は妙に気分いいな」とか、自分でも追いついていけないくらい。

そんな、微妙な感情の変化をすべて可視化できるウェアラブルなガジェットが登場しました。

1日の感情の揺れ動きを記録してくれるリストバンド

開発したのは、カルフォルニア州のパロ・アルト(Palo Alto)に拠点を置く「Sentio」。

ストレスを減らし、よりしあわせになるためには、自身の感情を記録してパターンを見つけるという方法が一番だ。

(「BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用)

という考えのもと、1日の感情を記録してくれる「Feel wristband」を生み出したのです。

「Feel wristband」は、リストバンドのウェアラブルで防水機能も付いています。また、どんな手首の大きさにも合うように柔軟な素材で作られているとのこと。

リストバンドの内側にある4つのセンサーが、IMU(動きや活動)や皮膚の温度、皮膚電位活動(汗をかくときに起こる活動)、心拍数を記録してくれます。

Bluetooth対応でUSBポートも備わっているので、「Feel wristband」が記録してくれた1日の感情の揺れ動きを、モバイルアプリから確認できるというわけ。

感情をチェックすることで、ストレスの原因がわかる

20170204_bi02.jpg

感情の移り変わりを目でチェックできれば、どんなときにストレスを感じているのか? どんなときに気分が上がるのか? が一発で把握することが可能。

そのアルゴリズムに沿って感情を盛り立てることができるし、自分という人間をもっと理解できるはず。

テックフレンドリーで、できるだけいい気分でいたいっていう願いが叶いそうです。

「Feel wristband」は、いま149ドル(約1万4900円)で事前注文することができるとのこと。また、色は、白、黒、ターコイズブルー、ファイアレッドの4色展開です。

[BUSINESS INSIDER JAPAN]

撮影/出川光 文/グリッティ編集部

こちらも読まれています

・ファッションがメインのWebサイト「Man Repeller」が、排他的すぎるトランプ政権に疑問の声を上げた

・出勤して瞑想。ランチして瞑想。サンフランシスコ女子、瞑想にはまる

・「席譲りたいけど、あの人妊婦かな?」はアプリで見分ける