RAIN&キム・テヒ夫婦、不動産財産だけで500億ウォン!一ヶ月間の賃貸料は?

写真拡大

結婚した歌手RAIN(ピ) とキム・テヒ夫婦の不動産財産が公開された。

最近韓国で放送された総合編成チャンネルのチャンネルA「風の便りに聞きましたけど!?」でイ・サンミンは、出演陣たちに「二人の不動産財産だけでなんと500億ウォン(約48億5653万円) に達するという。そのため芸能人中、不動産価値1位のカップルだと聞いたが、本当なのか?」と聞いた。

これに記者は「キム・テヒの場合、約200億ウォン(19億4261万円) 台の不動産を所有しているという。漢南洞(ハンナムドン) UNビレッジのビラが約70億ウォン(約6億7991万円) に達するというが、これが2012年に43億ウォン(約4億1766万円) を払って購買したものだ。そして2014年に江南(カンナム) 駅付近にあるビルを132億ウォン(約12億8212万円) を払って購買したが、このビルも価格が少し上がったとしたら、200億ウォンを超える不動産を所有していると言える。このビルの一ヶ月間の賃貸料だけでも6000万ウォン(約582万円) を超えるという」と伝えた。

続いてイ・ジュンソクは「RAINは不動産財産だけでも約300億ウォン(約29億円) に達するというが、最も利益が多かったのが2006年に31億ウォン(約3億円) を払って購買し、2014年に75億ウォン(約7億2848万円) で売った三城洞(サムソンドン) の住宅だ。そして2008年には清潭洞(チョンダムドン) 島山(トサン) 大路付近にある土地と建物を購買したが、これも168億ウォン(約16億3179万円) で購買し、現在約250億ウォン(24億2826万) に達するという。これも今後上がると予想される。そして2013年、清潭洞にある約60億ウォン(約5億8278万円) のビルを45億ウォン(約4億3708万円) で落札されたという」と話し、出演陣たちを驚かせた。