鹿児島のキャプテン赤尾。今季も中盤のキーマンとして活躍が期待される選手だ(写真は昨シーズン)。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

「2017JリーグDAZNニューイヤーカップ」鹿児島ラウンドは2月5日、鹿児島県立サッカー・ラグビー場で鹿児島ユナイテッドFC対ギラヴァンツ北九州の一戦が行なわれ、1-1の引き分けに終わった。

 鹿児島ラウンドの初戦となった試合は、互いに手堅い守備で慎重な立ち上がりを見せながらも、徐々に隙を突いた攻撃を見せていく。北九州は16分に水永がペナルティエリア右からシュートを放つもGK正面。すると19分、鹿児島も野嶽がディフェンスラインの背後に抜け出し、シュートを放つが、相手DFにブロックされて得点ならず。

 雨中の試合となる中、互いにボールを保持しながら攻めるポゼッションスタイルを貫き、ゴールに迫る。41分、鹿児島はCKから水本がジャンピングボレー。しかし、これはクロスバーを越えた。

 試合が動いたのは45分。北九州はスローインを受けようとした水永が上本にペナルティエリア内で倒され、PKを獲得する。これを平井が決めて、北九州が先制した。

 しかし、その直後の前半アディショナルタイム。今度は鹿児島の藤本がペナルティエリア内で刀根に倒されてPKを獲得。これを藤本自らが決めて、同点として前半を終えた。

 後半も立ち上がりから激しい攻防となった。鹿児島は赤尾のサイドチェンジパスなどを起点に五領がたびたびゴールに迫る。一方の北九州も水本のポストプレーなどから突破口を見出し、攻撃を展開した。

 しかし、後半は決定機をモノにできず、ノーゴールで終了。結局、1-1のドロー決着となった。

 試合を振り返った鹿児島の三浦監督は、「前半は効果的にチャンスを作れていた。まだ課題はあるが、大会の初戦であり、スリッピーなグラウンドの中で選手たちはよくやってくれたと思う」と、内容に一定の評価を与えた。

 今季がJトップチーム初采配となる北九州の原田監督は「まだまだ守備中心でトレーニングをしている。攻撃に関しては、今日のようにゲームの中で改善していきたい」と、プレシーズンの現状とこれからの展望を語っていた。