アイアン・ジーリング

写真拡大

1990年から10年にわたり、全世界で記録的な大ヒットとなった青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校/青春白書』のスティーブ・サンダース役で知られるアイアン・ジーリング。彼が1作目から主演しているB級アクションホラー映画『シャークネード』シリーズの5作目が製作されることが発表された。

米Varietyによると、この5作目も、アイアンの相手役は第1弾からの共演者、タラ・リード(『アメリカン・サマー・ストーリー』)になる。この『シャークネード』は、2013年にデヴィッド・リマゥイー(『Zネーション』)製作総指揮、アンソニー・C・フェランテ(『ホスピタル』『ヘンゼルとグレーテル おそろし森の魔女』)監督により、米Syfyチャンネルで放送されたテレビ映画で、シャークとトルネード(竜巻)を掛け合わせた造語が作品タイトルである。

大量発生したサメが、メキシコ湾上で発生した竜巻に海水ごと巻き上げられ、そのままロサンゼルスへ移動したため、街は巨大竜巻と大量のサメに襲われるというのが第1作目のストーリーだ。そのサメたちとの戦いに挑むのが、アイアン演じるフィン・シェパード。2作目『カテゴリー2』は舞台がニューヨークに、3作目『エクストリーム:ミッション』は首都ワシントンD.C.からフロリダ州にかけて、そして4作目『(フォース)』はなんとパリからカナダのナイアガラの滝にまで及んだ。今回の5作目の具体的な内容やターゲット地は明かされていないが、少なくとも、イギリス、オーストラリアなどを含む5カ国が舞台となるそう。

第1作目の放送後、多くのセレブリティーがTwitterで同作を話題にしており、『シャークネード』がTwitterトレンドワード入りをしていたが、『Glee/グリー』のフィン役だった故コーリー・モンテースが亡くなる最後につぶやいたのがこの作品についてだったということで更に話題となった。なお、5第作目も、今までのシリーズ同様、フェランテ監督が指揮を取る。(海外ドラマNAVI)