仙台、新加入のFWクリスランが肉離れ…全治4週間で開幕戦は厳しく

写真拡大

 ベガルタ仙台は5日、FWクリスランが右大腿直筋肉離れで全治約4週間と診断されたことを発表した。

 クリスランは今季ポルトガル1部リーグのブラガから期限付き移籍で加入したばかり。新たな得点源として期待が懸かっていたが、25日の明治安田生命J1リーグ第1節・北海道コンサドーレ札幌との開幕戦への出場は厳しくなった。