「仔牛のブランケット」(税別430円)

写真拡大

ロブションで人気の期間限定メニューをパンで味わえる。

【写真を見る】仔牛の肉がゴロっと入った一品

ジョエル・ロブションの世界初パン専門店「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」は、「仔牛のブランケット」(税別430円)をニュウマン新宿店で2月6日(月)から先行販売、渋谷ヒカリエShinQs店で3月1日(水)から販売する。

「仔牛のブランケット」は、ミシュラン二ツ星レストラン「ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション」で実際に提供しているメニュー「ブランケット ド ヴォー〜仔牛のクリーム煮込み〜」から着想を得た新作パン。

過去にも、三ツ星「レストラン ジョエル・ロブション」で実際に提供されているメニューからインスパイアされたパン「牛ほほ肉のロッシュ」(税別370円)や「やわらかビーフの赤ワイン煮込み」(税別470円)を発売。「牛ほほ肉のロッシュ」が累計15万個以上を販売するなど、ジョエル・ロブションの味を手軽に味わえる商品として人気を博している。

今回発売する「仔牛のブランケット」は、フランスの伝統料理である仔牛を煮込んだクリームシチュー「ブランケット ド ヴォー」を、相性の良いパイ生地とあわせた。温めて食べることで、今の季節にぴったりの味わいとなる。

世界屈指のフレンチの味を、パンで堪能してみてはいかが。【ウォーカープラス編集部/コタニ】