まさに、ウィー・アー・ザ・ロボッツ。

イタリアのサウンドアーティストであるジョセフ・アチートさんは電子音楽グループ、クラフトワークの演奏を幼い時分に見て、人生が変わったそうです。

やがて時が経ち、ついにはレゴを使ったロボット楽団を作り、クラフトワークの名曲『Robots』を演奏するに至りました。



こちらはSynthtopiaが取り上げた、Opificio Sonicoの映像。

「Toa Mata Band」と名付けられたこのレゴ・バンドは、過去にもデペッシュ・モードの『Everything Counts』や、ダフト・パンクの『Da Funk』なども演奏しています。セッティングも毎回ユニークです。




音楽系アプリやKORGのKaossilatorなど、さまざまな音源装置を駆使していますが、今回はビブラフォンを一生懸命叩いているドラムロボットが特にかわいらしい。撮影しているカメラもロボットアームというのが粋です。
もっと読む
・デヴィッド・ボウイやクラフトワークも使用していたトイ・シンセ「スタイロフォン」の最新版が登場
・ビデオゲームのBGMあるあるをシンセで演奏
・LEGO史上もっとも複雑な「バケット掘削機」組み立てレビュー


source: Synthtopia, YouTube1, 2, 3

(ヤマダユウス型)