台北市政府提供

写真拡大

(台北 5日 中央社)旧正月後の初めての満月となる元宵節(今年は2月11日)前後の風物詩、台北ランタンフェスティバルが台北市の西門町一帯で4日開幕した。今年は大阪観光局が初めて参加。目抜き通りの中華路に大阪城が出現している。

同局の溝畑宏局長は、大阪に訪れたことのある人や知らない人に大阪を好きになってもらいたいとアピール。台北市政府観光伝播局の簡余晏局長は、これを機に台北と大阪の協力関係を促進したいと語り、将来的には友好協力覚書の調印や相互送客につなげたいと期待を寄せた。

大阪城が展示されているエリアには、愛媛県松山市や中国大陸上海市などが出展したランタンも展示。ランタンを通じて違った文化に触れられるとしている。

(編集:齊藤啓介)