小松菜奈、ヨコハマ映画祭授賞式でのメンズファッションに反響

写真拡大

第38回ヨコハマ映画祭の授賞式が、2月5日に関内ホールで開催され、三浦友和、柳楽優弥、筒井真理子、杉咲花ら豪華ゲスト陣が舞台挨拶に登壇した。最優秀新人賞に輝いたのは『淵に立つ』(公開中)の太賀、『ディストラクション・ベイビーズ』の小松菜奈、村上虹郎の3人だが、小松はドレスではなくサーモンピンクのボーイッシュなパンツスーツで登壇し、会場をどよめかせた。ファッションについて小松は「ちょっとメンズっぽく」と微笑んだ。

【写真を見る】会場がどよめいた小松菜奈のスーツ姿の全身ショット

『ディストラクション・ベイビーズ』について小松は「挑戦的な役で冒険でもありました。私のなかで何かをぶち壊してその役に染まりたいという思いがあったと思います」と力強くコメント。

また現在公開中の『沈黙』でハリウッドデビューを果たした小松は、マーティン・スコセッシ監督について「日本とはぜんぜ違う現場で、時間のかけ方も違いました。監督はいつもニコニコしているけど、『素晴らしい』と言いながら、その後でテイク30とか40とか撮るドSな部分がありました」とおちゃめに語った。

また、『淵に立つ』の深田晃司監督作の常連俳優である太賀は「すべてのきっかけである深田監督と深田組のみなさんにお礼を言います。監督の言葉についてきて良かった、いっしょにお芝居をする共演者の方々に身を委ねて良かったと思います」と言葉をかみしめた。

作品賞受賞作『この世界の片隅に』(公開中)で審査員特別賞を受賞したのんは、愛らしい白のドレスで登壇。「声だけの演技でこうやって賞という形で評価していただけるってことは夢にも思っていなかったから、特別な感じで感動しています」と緊張しながらスピーチをした。【取材・文/山崎伸子】