監督賞にもノミネートされていたが、残念ながら『君の名は。』は受賞ならず
 - (C)2016「君の名は。」製作委員会

写真拡大

 現地時間4日、アニメ界のアカデミー賞ともいわれる第44回アニー賞授賞式がアメリカ・ロサンゼルスで開催され、映画『君の名は。』がノミネートされていたインディペンデント作品賞には、スタジオジブリ初の海外共同作品『レッドタートル ある島の物語』が輝いた。

 アニー賞のインディペンデント作品賞は、アメリカでの上映館数が1,000館未満の作品、もしくはASIFA(国際アニメーションフィルム協会)が公認している世界4大アニメーション映画祭での作品賞受賞作を対象とした部門。また『レッドタートル ある島の物語』はほかにも5部門でノミネートされていたが、今回はインディペンデント作品賞のみの受賞となった。

 最多受賞は、6部門を獲得したディズニー・アニメーション作品の『ズートピア』。同作は作品賞も受賞した。なお『レッドタートル ある島の物語』と『ズートピア』は両作とも、2月26日(現地時間)に米ロサンゼルスのドルビー・シアターで結果が発表される第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞にもノミネートされており、今回の結果により、ほかノミネート作品に比べオスカー受賞に一歩リードする形となった。(編集部・井本早紀)

第44回アニー賞主要部門の受賞作品は以下の通り

作品賞
『ズートピア』

インディペンデント作品賞
『レッドタートル ある島の物語』

長編アニメ監督賞
『ズートピア』バイロン・ハワード監督&リッチ・ムーア監督

長編アニメ脚本賞
『ズートピア』ジャレド・ブッシュ&フィル・ジョンストン