レイチェル・ブルーム

写真拡大

米CWの人気コメディミュージカル『クレイジー・エックス・ガールフレンド』で主演&クリエイターを務めるレイチェル・ブルームが、同局のDCドラマ『THE FLASH/フラッシュ』と『SUPERGIRL/スーパーガール』のクロスオーバーエピソードのためのオリジナル楽曲を手掛けることが分かった。米Comingsoon.netが伝えている。

米BuzzFeedの情報によると、レイチェルはフラッシュ役のグラント・ガスティンとスーパーガール役のメリッサ・ブノワが劇中で披露する曲を製作することになるようだ。このほど発表した声明では、「私は彼らがミュージカル調でクロスオーバーすると知ってすぐに、私を(DCドラマのクリエイターである)グレッグ・バーランティとアンドリュー・クライスバーグに紹介してくれた(CWの社長である)マーク・ペドウィッツにメールを送りアイディアを売り込みました。彼らはすぐにその中から1つを選んでくれたので、私は『Robot Chicken(原題)』でボスだったトム・ルートに電話をして、ひらめきを大事に『SUPERGIRL』に貢献できるような曲を仕上げたんです。TVや映画のミュージカルで少しでも作品に貢献することができてとても嬉しく思っています。音楽は、ストーリーテリングとキャラクターの探求において最も素晴らしく効率的な方法だと思います。二人のスーパーヒーローのためにコメディソングを書くことはとても楽しかったです」と述べている。

さらにCWは、オスカーやトニー賞、エミー賞にノミネートされた輝かしい経歴を持ち、本年度アカデミー賞作品賞最有力候補のミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』にも参加しているソングライターチーム「ベンジとジャスティン(ベンジ・パセックとジャスティン・ポール)」が、グラントがパフォーマンスするエピソードで楽曲提供することを明らかにした。

米CWにて、『SUPERGIRL/スーパーガール』シーズン2は毎週月曜日、『THE FLASH/フラッシュ』シーズン3は毎週火曜日に放送中。クロスオーバーエピソードは3月20日(月)と翌21日(火)に放送される。レイチェルがゴールデン・グローブ賞に輝いた『クレイジー・エックス・ガールフレンド』はNetflixにて配信中。(海外ドラマNAVI)