俊輔先発の磐田、川又のヘディング弾炸裂も熊本とドロー/ニューイヤー杯鹿児島ラウンド

写真拡大

 2017 JリーグDAZNニューイヤーカップ鹿児島ラウンド第1戦が5日に行われ、ジュビロ磐田(J1)とロアッソ熊本(J2)が対戦した。

 磐田は今季加入したMF中村俊輔、FW川又堅碁の2人が揃って先発に名を連ねた。

 立ち上がりから敵陣に押し込む磐田は5分、ペナルティエリア手前左でボールを拾った中村が左足で強烈なミドルシュートを放ったが、ここはGKの好セーブに阻まれた。さらにこのプレーで得たCKをショートでリスタートすると、リターンパスを受けた中村がDFをかわして左足で狙う。しかしここは枠の右にそれてしまった。

 試合が動いたのは37分。エリア手前右でパスを受けた櫻内渚が右足でクロスを上げると、ゴール前の川又がヘディングでゴール右に流し込んだ。

 後半は1点を追う熊本が押し気味に試合を進める。そして79分、右サイドから三鬼海が入れたグラウンダーのクロスをファーサイドの嶋田慎太郎が押し込み、同点に追いついた。

 結局このままタイムアップを迎え、試合は1−1の引き分けに終わった。

 第2戦は8日に行われ、磐田はギラヴァンツ北九州(J3)と、熊本は鹿児島ユナイテッドFC(J3)と対戦する。

【スコア】
ジュビロ磐田 1−1 ロアッソ熊本

【得点者】
1−0 37分 川又堅碁(磐田)
1−1 79分 嶋田慎太郎(熊本)