清水、DFヤコヴィッチと契約解除…「僕の心の中の特別な存在」

写真拡大

▽清水エスパルスは5日、カナダ代表DFヤコヴィッチ(31)と双方合意の下、契約解除に至ったことを発表した。

▽セルビアのレッドスター・ベオグラードでキャリアをスタートさせたヤコヴィッチはその後、アメリカでのプレーを経て、2014年に清水入り。昨シーズンは公式戦2試合の出場にとどまったものの、通算でJ1リーグ41試合、J2リーグ1試合、リーグカップ6試合、天皇杯5試合の出場を記録した。

▽清水を退団することになったヤコヴィッチはクラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「3年前に来日し、清水エスパルスでキャリアの新しい章に乗り出しました。温かく私を受け入れてくれて応援してくれたファン、そしてこの街、全ての関係者の方々に感謝しています。この先の人生において、かけがえのない思い出を皆さんから与えていただきました。クラブの一員として戦えたことを光栄に思います。そして、どこに行ってプレーしようとも、皆さんは僕の心の中の特別な存在です。今まで本当にありがとうございました」