ライダー超えを誓った山本涼介

写真拡大

 人気ヒーロー番組「仮面ライダーゴースト」で、仮面ライダースペクター(深海マコト)役でブレイクした俳優の山本涼介が2月5日、今年4月スタートのカレンダーの発売記念イベントを都内で行い、約900人のファンが詰めかけた。

 「仮面ライダーゴースト」は2015年10月〜16年9月の放送で、ライダーシリーズの4本の映画にも出演。カレンダーはその合間を縫い、それぞれの季節ごとに分けて撮影され、「景色の変化も見てもらえるし、僕自身の変化も見てもらえると思う。春と冬では顔つきが違っていると思います」と満足げだ。

 昨年11月には舞台「サバイバーズ・ギルト&シェイム」で初主演も務め、「役に対する責任感が初めて芽生えた。気持ち的にも変わって、自信も芽生えた。貴重な経験をさせてもらった大きな1年だった」と述懐。4月19日には主演のVシネマ「ゴースト RE:BIRTH 仮面ライダースペクター」の発売も決まっているが、「1年以上、深海マコトを演じてきて一緒に成長できた。ライダーはひとつの目標でもあったし、やっとスタートラインに立つことができた」と気持ちを新たにした。

 今年はさらなる飛躍が期待されるが、「ライダーのイメージが強いと思うので、それを超えられるような作品、キャラクターに出合いたい。つらいと思うこともあるだろうけれど、現状に満足せずどん欲に成長していきたい」とさらなる意欲。竜星涼ら同じ事務所にヒーロー系出身の先輩は多く、「刺激を受けるし、負けていられないと思う。等身大の、同じ年代の女の子に恋をする恋愛系などに挑戦したいですね」と夢をはせていた。