【2017Jリーグ補強診断】ストライカー到着なら期待値上昇の顔ぶれ《ガンバ大阪》

写真拡大

▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。変革期を迎えたガンバ大阪編をお届けする。

◆3冠達成時の主力が流失
Getty Images
【OUT】

DF

岩下敬輔(30)→アビスパ福岡/完全

西野貴治(23)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き

MF

大森晃太郎(24)→ヴィッセル神戸/完全

内田達也(24)→東京ヴェルディ/期限付き

二川孝広(36)→東京ヴェルディ/期限付き期間延長

阿部浩之(27)→川崎フロンターレ/完全

岡崎建哉(26)→栃木SC/完全

小椋祥平(31)→ヴァンフォーレ甲府/完全

FW

赤嶺真吾(33)→ファジアーノ岡山/完全

小川直毅(21)→契約満了▽2014年の三冠達成時から長年にわたってチームをリードしてきたDF岩下敬輔、MF大森晃太郎、MF阿部浩之が相次いで退団。中でも、大森と阿部は生え抜きであり、貴重な戦力だっただけに、チームだけでなく、ファンにとっても喪失感を駆り立てるものとなった。

◆補強診断(★5つが最高)

★★★☆☆

▽将来性溢れる若手から主軸になり得る中堅選手まで獲得に成功。しかし、最優先事項のストライカー獲得が難航しているだけでなく、主力も流失したため、ネガティブな印象が強い。ただ、ここにきて、元サンフレッチェ広島のFWドウグラスとの接触報道が浮上。これが実現すれば、待望のストライカー到着となる。

◆念願の身体能力高きCBを獲得【GK&DF】
Getty Images
【IN】

鈴木椋大(22)←横浜F・マリノス/完全

ペ・スヨン(18)←ボイン高校/新加入

ファビオ(27)←横浜F・マリノス/完全

三浦弦太(21)←清水エスパルス/完全▽実践経験がある若手GKと、センターバックを重点的に補強。とりわけ、スピードや高い身体能力で勝負できるDFファビオと、U-23日本代表候補歴を持つDF三浦弦太の獲得は、ウィークポイントの1つとして挙げられてきたセンターバック陣のタレント力向上につながるはずだ。

◆攻撃面特化の面々【MF】
Getty Images
【IN】

食野亮太郎(18)←ガンバ大阪ユース/昇格

井出遥也(22)←ジェフユナイテッド千葉/完全

泉沢仁(25)←大宮アルディージャ/完全

森勇人(21)←名古屋グランパス/完全

中原彰吾(22)←北海道コンサドーレ札幌/期限付き

高江麗央(18)←東福岡高校/新加入

高宇洋(18)←市立船橋高校/新加入▽阿部、大森ほどの守備への献身性を兼ね備えた選手こそ見当たらないが、攻撃で存在価値を見いだすタイプの面々を獲得。中でも、MF泉沢仁とMF井出遥也の2選手には、既存選手のMF堂安律と共に、アタッキングサード付近での打開力発揮に大きな期待がかかる。

◆アデミウソンの完全移籍加入が唯一もの救いに【FW】
Getty Images
【IN】

郡大夢(19)←東京ヴェルディ/期限付き

アデミウソン(23)←サンパウロFC/完全▽上述の通り、即戦力級のストライカーの加入はない。ただ、2015年の来日当時に移籍金10億円とも言われていたFWアデミウソンを完全移籍で買い取ることができたのは朗報。また、事前の報道によれば、クラブは水面下でストライカー補強の動きを継続中。何かしらのニュースが飛び込んできてもおかしくない状況だ。