【2017Jリーグ補強診断】No1レフティー加入に沸くも足らずの補強《ジュビロ磐田》

写真拡大

【2017Jリーグ補強診断】No1レフティー加入に沸いたストーブリーグ《ジュビロ磐田》

▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。J1復帰から2シーズン目を迎えるジュビロ磐田編をお届けする。

◆大幅な戦力値ダウンは回避
Getty Images
【OUT】

GK

牲川歩見(22)→ザスパクサツ群馬/期限付き

奥田達朗(34)→V・ファーレン長崎/完全

DF

パパドプーロス(32)→契約満了

石田崚真(20)→ツエーゲン金沢/期限付き

高木和道(36)→エアフォース・セントラルFC/完全

MF

岡田隆(32)→現役引退

上村岬(25)→FC今治/完全

田中裕人(26)→愛媛FC/期限付き

FW

森島康仁(29)→契約満了

ジェイ(34)→契約満了

中村祐輝(29)→契約満了

岩元颯オリビエ(20)→ガイナーレ鳥取/期限付き▽昨シーズンのリーグ戦14ゴールを記録した元イングランド代表のFWジェイが契約満了で退団。一方で、サンフレッチェ広島から期限付き移籍中の成長著しいMF川辺駿の慰留に成功するなど、J1復帰から2年目を迎える新シーズン向けて、ジェイの退団を除けば大幅な戦力値ダウンを回避した。

◆補強診断(★5つが最高)

★★☆☆☆

▽MF中村俊輔の獲得で今オフを彩ったが、全体的な補強動向を見ると、やや物足りない印象。特に、課題だった昨シーズンのリーグ戦で50失点の守備陣強化に向けた補強が進まなかった点は気がかりだ。

◆守備陣強化進まず【GK&DF】
(c) CWS Brains, LTD.
【IN】

三浦龍輝(24)←AC長野パルセイロ/完全

高橋祥平(25)←ヴィッセル神戸/完全▽守備陣の新戦力として、攻守の積極性を売りとするDF高橋祥平を獲得。ただ、上述の通り、高橋以外のDF補強はなく、昨シーズンと同様に質と選手層の部分で不安を解消できたとは言い難い陣容だ。

◆No1レフティー加入で戦力アップ【MF】
(c) CWS Brains, LTD.
【IN】

ムサエフ(28)←ナサフ・カルシ/完全

松本昌也(22)←大分トリニータ/完全

川辺駿(21)←サンフレッチェ広島/期限付き期間延長

中村俊輔(38)←横浜F・マリノス/完全

藤川虎太朗(18)←東福岡高校/新加入

針谷岳晃(18)←昌平高校/新加入▽昨夏にMF小林祐希が退団以降、適任者不在で苦労していたトップ下として、今オフ最も多くの注目を集めた中村を獲得。その他、ウズベキスタン代表MFムサエフと、MF松本昌也を引き入れ、中盤の強化に成功した。

◆ジェイ後釜にFW川又堅碁【FW】
(c) CWS Brains, LTD.
【IN】

川又堅碁(27)←名古屋グランパス/完全▽昨シーズンのリーグ戦で14ゴールを記録したジェイの退団は痛手だが、日本代表歴も持つFW川又堅碁を獲得した。昨シーズンは5得点にとどまったが、出場した際の得点率においてJ1全体で2位の0・83を記録。川又の活躍がチームの浮沈のカギを握りそうだ。