張本勲氏

写真拡大

5日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、野球評論家の張本勲氏がボルダリングに痛烈発言を飛ばした。

番組では先月28、29日に開催された「第12回ボルタリングジャパンカップ」の模様をVTRで振り返った。

当大会では、14歳の伊藤ふたばが初優勝を達成。このボルダリングだが、2020年の東京五輪において、リードやスピードといった競技とまとめられ「スポーツクライミング」という名称で選出されている。

しかしVTR後、張本氏は「面白いスポーツじゃないわね、我々から考えたらね」「ゴルフとか、ちょっと自己満足なとこがあるスポーツの方が面白いじゃないですか」と、ボルダリングを切って捨てたのだ。

そこで、司会の関口宏が、自分にはもうできないタイプのスポーツだからそんなことを言うのではないかとツッコミを入れる。すると、張本氏は、自分が挑戦したらもっと早いと軽口を叩き、スタジオを笑わせていた。

【関連記事】
マツコ・デラックスが張本勲氏の強気の姿勢にエール「存在が本当に大事」
「サンデーモーニング」が公式ページ上で張本勲氏の「内紛」発言を謝罪
張本勲氏の「内紛」発言に中大陸上部部長・野村修也氏が抗議「内紛などない」